ラインモバイルを携帯電話で使うのはアリ?

ラインモバイルを携帯電話で使うのはアリ?

最近は携帯電話を使うたかも減ってきました。

何故かと言うと、電話とメールの時代からインターネットの時代に移り変わってしまったからです。

スマートフォンの普及により携帯電話の発売をするメーカーが減ってきています。

しかし、電話のかけさすさとコンパクトなフォルムから今でも需要はあります。

その需要に応えるべく、携帯電話型スマートフォンが出てきています。

いわゆるガラホです。

ガラケーの形をしたスマートフォン。

携帯電話の形をしたスマートフォンです。

従来の携帯電話が廃れていった最大の原因はライン、ツイッター、フェイスブック、インスタグラムが出きないことだと私は思います。

しかし、ガラホなら使う機種によってはライン、ツイッター、フェイスブック、インスタグラムが出来ます。

ガラホにもラインモバイルを挿すことが出来るので普通にガラホでラインモバイルを使うことが出来ます。

ガラホでラインモバイルを使う一番のメリットはラインの音声通話が完全無料なので長時間通話がしやすいということです。

月額500円でラインモバイルは使えるので、ライン通話専用機としてガラホを持つのもアリかなと思います。

ラインの音声通話以外にも月に1Gまでインターネットが使えますのでツイッター、フェイスブック、インスタグラム、ユーチューブを利用できます。

もちろんメインの携帯電話会社があってのサブ機としてのラインモバイルですがメイン会社とサブ機の回線は別の回線がおすすめです。

2018年12月にソフトバンク回線が大規模な回線トラブルを起こしました。

なので、ソフトバンク回線とドコモ回線の2回線持つというのは今後増えていくかもしれませんね。

連絡がつかなくても大丈夫な方は問題ないですが、今は情報化社会ですので月額500円で他社の回線が維持できるなら安い買い物だと思います。

ラインモバイルは解約するときに解約金がかかるのか?

ラインモバイルは音声通話simに限り12ヶ月以内の解約もしくはMNPでの転出で9800円の違約金がかかります。

12か月というのはラインモバイルは初月無料なので契約月の翌月を1ヶ月目としそこから数えて12か月という計算になります。

13ヶ月目に突入していれば違約金はかかりません。

そして大事な点なのですが、データsim、データsim+smsタイプの契約には違約金はかかりません!

これってすごいことだと思うんです。

しかし初期費用が3400円かかりますので簡単に入会、退会を繰り返すことは出いないということにはなっています。

しかし、毎回初期費用3400円を払い続ければいつでも入会、退会を繰り返すことは現実的には可能になるということです。

なので、試しにドコモ回線の方はソフトバンク回線を、ソフトバンク回線の方はドコモ回線をラインモバイルで持っておくのも悪くない選択肢だと私は思います。

その場合、データsimにすることがポイントです。

音声通話simでも十分安いのでそれでもOKですが12か月以内の解約もしくはMNP転出は9800円の違約金がかかりますのでご注意ください。

ラインモバイルの速度を知りたい方はこちら

ラインモバイル中学生に関する記事はこちら